UDタウンナビ

高齢者・障碍者・子育てママ、みんなにやさしいユニバーサルデザインなお店・企業・施設を紹介する記事サイト

自宅が美容室に早変わり!訪問理美容「きれいや」

使お知ろう

三重県では訪問理美容の草分け的存在、「きれいや」の小山悠樹さんにお話を聞いた。

小山さん

家まで来てカットをしてくれる理容師(とこや)さんは、近頃では珍しくない。

でも、きれいやさんのボランティアカットが始まったのは1980年、お父様の代からの筋金入りだ。その頃は、近隣の養護施設に行っていたという。そして今から10年以上前に、実店舗運営の傍ら、NPO法人日本理美容福祉協会の三重県中部センター「きれいや」を設立。福祉理美容師養成講座では、講師も務めているという。

現在は事業を拡大し、カットの技術で人をきれいにする事をトータルに扱う「株式会社あっとほーむ」となっている。事業には、次の3つが有る。

その中の一つ、訪問理美容 きれいやとしての仕事ぶりをご紹介したい。

 

訪問理美容以外の事業も、需要があると行ってしまえばそれまでなのだが、カットを通じてゆりかご(赤ちゃん筆)から墓場(エンディングカット)まで、自らの技術を活用してとことんニーズに応えようというその真摯な態度は首尾一貫している。

2011年の東日本大震災では、こちらで鋏を集めて、現地の同業者に寄付をしたという。カットボランティアに行くことで、津波で商売道具を失った人達の仕事を奪ってしまうのではなく、鋏を寄付することで、仕事を再開するお手伝いをしたという。

ボランティア活動というのは、相手が何を必要としているか、それを察知し提供できる能力を持っていて初めて成り立つ。

後から似たような活動をする事はたやすいが、プロとしての目が、隙間で見落とされがちな人達に注がれるからこそ、草分けになれるのだと気が付いた。これこそプロの仕事、プロが行うボランティア活動だと思った。(近頃はこれをプロボノと言うらしい)

ここでいつもの3つの質問をした。

◆ 御社の取り組みの中で、高齢者や障害者に優しい一押しの取り組みはなんですか?
  御自宅に伺って、ゆっくりお話をしながら、きれいになって頂く事です。元気になって、今まで通っていた近所の美容室に行こうと思ってくれれば、僕たちはそれで良いと思っています。

◆ 地域への貢献活動は行っていますか?
  施設にカットに行く場合、事情によっては無料で行く事が有ります。あくまで、事情によりけりですが、お金を貰わなければ動かないという僕たちではありません。

◆ 顧客に向けたサービスの中で、今後一番力を入れてゆきたいことは何ですか?
  エンディングcutに力を入れていきたいと思っています。希望されるのは一部の限られた方かもしれませんが、やはりそこには強く願う人達がいます。理容師の僕たちしかできない仕事なので、広めていきたいと思っています。

<取材の感想>インタビューアー:NPO法人UDほっとねっと理事長 伊藤 順子

二代に続く先見性が素晴らしい。しかし草分けの苦労は並大抵ではないだろう。
それでもニーズを見抜き、道を切り開いていこうとする「老舗ベンチャー企業」、そんな言葉がふと頭に浮かんだ。
きれいやさんは、どこまで進んでいくのだろう?

おすすめPOINT!

  • 高い技術があること
  • 暖かい心があること
  • 真摯な心があること
名称

株式会社あっとほーむ 訪問理美容きれいや

住所
員弁郡東員町笹尾西2-25-6
TEL
0594-76-8765
営業
HP

NPO法人日本理美容福祉協会三重県中部センター「きれいや」

株式会社あっとほーむ エンディングcutピュア

MAP
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
エリア
タグ:

ライター伊藤順子

カテゴリー

絞り込み


運営者情報