UDタウンナビ

高齢者・障碍者・子育てママ、みんなにやさしいユニバーサルデザインなお店・企業・施設を紹介する記事サイト

桜の森公園(鈴鹿市)

行ってみよ遊びに行こ

鈴鹿市にある桜の森公園が、誰にも優しい素晴らしい公園だと聞いて、OriHimeロボットで参加する人も含めて、みんなで美しい季節に取材に行きました。

ここは、平成27年2月に、鈴鹿市では初めてとなる防災機能を持つ公園として、開園以前からあった桜並木を取り込んで作られました。

                    一目見て、本当にここは多様な来場者が想定された公園だと嬉しくなりました。

・小さなお子さんを安心して遊ばせることのできる低いフェンスで囲われた「ちびっこ広場」

・少し大きなお子さんが喜びそうないくつもの遊具

・地面が柔らかい大人向けの健康増進器具コーナーやウォーキングコース

・大規模災害発生時には防災施設に早変わりする、オシャレなベンチや東屋があちこちにたくさん(救援活動の拠点)

・ヘリポートになる自由広場

・防災トイレになるマンホールなど

・多機能トイレもあるトイレが3か所

             これらがすべてコンパクトに桜と共に配置されていました。

元々ここは海軍の施設であり格納庫もあったそうです。敷地の一角には移設された海軍施設もあり、鈴鹿市の歴史の一端に触れることができます。敷地内には野球場もありました。海軍施設が戦後に電電公社(現NTT)の大規模な研修所となった後、民営化に伴ってこの辺り一帯が学校や公園になったそうです。ちなみにここの野球場は、明治神宮球場と同じ作りになっているのだとか。

海軍史跡

Q 高齢者や障がい者に優しい一押しの物は?
ANSWER
公園全域がバリアフリーで移動支援が必要な方もしっかりと楽しめます。遊具エリアは地面にゴム版が張られ、子どもは思いっきり遊べるし、見守っている親御さんの安心感も高めています。

Q 地域への貢献は?
ANSWER
平常時は、市民の憩いの場としての役目を発揮!子どもさんは勿論のこと、大人用の遊具も揃っています。

【取材の感想】
<藤本>快晴で暑いくらいでしたが、桜が満開に咲き誇り、とにかく広くて心洗われる公園を感じました。まさかOrihime(柳田さん)にお会いできるとは思ってなく嬉しさ百倍の取材でした。レガシーを活かしつつ、いざという時に市民の命を助ける威力を発揮できるよう工夫や仕込みがされていて、さすがみんなの公園という感じでした。

<安田>ペットや自転車が利用不可となっているので、安心して利用できますね。駐車場は120台分ありますが、もっと思いやり駐車場及び車いす駐車場の台数が多いと良いと思います。

<OriHime 柳田>自宅の近くにもこんな公園が欲しいです!老若男女問わず誰もが訪れることができ、リラックスした時間を過ごせる場所。いざ大災害の時に大きな役割を果たしてくれそう。ただ、夏場などには、日影となる屋根のある休憩所があると更に良いと思う。

<伊藤>美しいUD施設、羨ましい限りです!

  (OriHimeロボットで初めてブランコに乗ったパイロットは、自宅のパソコンの前で酔いそうになったらしいですよ)

おすすめPOINT!

  • 幼児から高齢者まで、みんなが安心して遊べる
  • 多機能トイレが3か所あり全体がフラットで、ベビーカーや車いすでも参加がしやすい
  • 防災機能を持ち、災害時の拠点ともなる自助共助を学べる場(AED完備)
名称

桜の森公園

住所
三重県鈴鹿市南玉垣町字東鼻野3500番5
TEL
080-1618-4341(管理事務所)
営業
24時間
HP

公園/桜の森公園 – 鈴鹿市ホームページ (suzuka.lg.jp)

MAP
エリア
タグ:

ライター安田、OriHime柳田、藤本、伊藤

カテゴリー

絞り込み


運営者情報