UDタウンナビ

高齢者・障碍者・子育てママ、みんなにやさしいユニバーサルデザインなお店・企業・施設を紹介する記事サイト

イオンシネマ鈴鹿でUDcast (字幕ガイド用メガネ)体験

遊びに行こ

聴覚障害や視覚障害により、映画を十分楽しむことのできない方達がいます。しかし、日本語の映画には日本語字幕が付かない映画が多いというのが現状です。そこで開発されたのが、UDCast。

UDCast(ユーディーキャスト)とは、字幕や手話の表示、音声ガイド再生等を行うことのできる無料アプリケーションです。
とホームページ(UDCast – あなたの「ミカタ」)には説明があります。

ぜひ一度体験してみよう!ということになり、字幕ガイド用メガネ「スマートグラス」を貸し出しているイオンシネマ鈴鹿へ行きました。映画は、「えんとつ町のプペル」です。

実は恥ずかしながらUDcastとスマートグラスの関係性が未だよく理解できていないのですが、とにかく無事にスマートグラスを使用して字幕を見る事ができたので、これから行く方の為に手順を記しながらご報告します。

1.音声ガイド対応の映画を観る場合は、予め自分のスマートフォンに、アプリをダウンロードしておく。(UDCast – あなたの「ミカタ」)簡単なのですぐにできると思いますが、分からなければ映画館の方にお聞きください。すぐその場でもダウンロードできます。

2.どの映画が字幕や音声ガイドに対応しているのかを調べるには、こちらをご覧ください。対応一覧(テキスト) | UDCast

3.事前に見たい映画と時間を決め、映画館へお問い合わせフォームよりメールで予約する。https://cinema.aeoncinema.com/wmtoiawase/app?JobID=pc.toiawase.agreement&siteid=81057
(事前に指定の映画の情報をスマートグラスにセットしておいてもらうために)

4.当日副音声を利用したい人は、アプリをダウンロードしたスマートフォンとイヤホンを持参する。

5.有人の受付でも自動券売機でも良いので、通常通りチケットを買う。(障害者割引など、様々な割引があります)

(チケット売り場)

6.チケットを渡す入り口で、「スマートグラスを予約した者です」と申し出て、メガネとコントローラーを受け取る。

スマートグラスを借りて装着する宮村さん

7.映画館に入って席に着き、スマートグラスを装着する。メガネをかけた人にだけ字幕が見える。

今回、「えんとつ町のプペル」そのものが、UDcastの音声ガイドに対応していなかったので、残念ながら副音声は体験する事ができませんでした。スマートグラスは少し重いので、ずり落ちてくることがあります。きちんとメガネをかけていないと、字幕が見えづらいので、気を付けた方が良さそうです。透明なメガネのガラスに字幕が写る様子は、とても不思議でした。

感想
<宮村 孝博>
イオンシネマの車椅子席は、高さが車いすの人にも見やすい目線の高さに設置されています。この車椅子席は会場の左右両側にあるので、障害によって見易い向きと見づらい向きがある人にも凄く見やすい映画館でした。また利用しやすい場所に多機能トイレがあるのも良かったです。

<伊藤 順子>
初めは少し戸惑いましたが、お店の方が親切に対応してくださったので無事に体験する事ができました。今後、どの映画もUDCastに対応していってほしいと思いました。

おすすめPOINT!

  • 日本語字幕を必要とする人が、日本語字幕は無いほうが良いと思う人と一緒に映画を観ることが出来ます。
  • 自分でスマートグラスを購入しなくても、貸し出しがあるのでとても便利です。
  • 映画製作者の画面へのこだわりも、スマートグラスの使用により大切にされるように思います。
名称

イオンシネマ鈴鹿

住所
鈴鹿市庄野羽山4丁目1-2
TEL
059-370-8787(FAXやメール等が良い方は、お問い合わせメールフォームよりお問い合わせください。  https://cinema.aeoncinema.com/wmtoiawase/app?JobID=pc.toiawase.agreement&siteid=81057)
営業
9:00~24:00
HP

鈴鹿|イオンシネマ (aeoncinema.com)

お問い合わせメールフォーム

UDcast  UDCast – あなたの「ミカタ」

UDcast   スマートグラス | UDCast

 

MAP
エリア
タグ:

ライター宮村 孝博、伊藤 順子

カテゴリー

絞り込み


運営者情報